緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

2022/10/16

8時頃に起きた。セックスをした。したい、ではなく、しなければ、が、今の自分の気持ちにより近い気がする。

昨日の京都日帰りドライブデートの疲れが身体に残っている。疲れは残ったけれど、恵文社にやっと行くことが出来て、ジャン=ミシェル・モルポワ著『見えないものを集める蜜蜂』が店に並べられているのを初めてこの目に収めることが出来、更には迎え入れることが出来たので、とても素晴らしい1日だったと思う。恵文社は素晴らしい本屋。さいき家は素晴らしい仕出し屋。

キウイをのせたヨーグルト、ベーグルなどで朝食をとる。iPad不妊治療の大変さを調べて見るなどした。私はまだ不妊と決まったわけではないけれど、3日と空けずに性行為をしているのにも関わらず妊娠しない2ヶ月を過ごし、やたらと敏感になり過ぎている。この神経質なところが妊娠出産育児には不向きであると理解してはいる。が、理解することと、それを実現させることには雲泥の差がある、というか世界線が違う。婚約者に向かって、過去に女性運動を起こした人へ現状の不満を責任転嫁しただけの心情を吐露するなどした。

姉妹からの連絡を受け、夕方実家へ行くことになったので、急ぎ目で支度をし、婚約者の眼鏡を買いに出掛ける。先にコインランドリーに寄って洗濯物を乾燥機にかけた。JINSを2店舗見回り、婚約者は仕事用にブルーライトカットレンズを入れた眼鏡を無事購入、私は彼に便乗して念願の極太黒縁眼鏡を新調した。どんな気分に依るどんな表情をしていようがファニーな顔つきになるので非常に可愛いと思う。勤務中のMに声を掛けようか迷い、結局やめておいた。

小腹を満たす為にドトールで黒糖ラテ、ミラノサンド、紅芋モンブランを2人でそれぞれ分け合って飲み食いした。ドトールはスタバよりもコメダよりもタリーズよりもプロントよりも好きだ、何故なら、みたいな講釈を垂れる。婚約者は「スタバより好き」とだけ言っていた。少なくとも反対はしてないと分かって嬉しくなる。

平日買い物に行かなくていいように食料品の買い物をして実家へ向かう。16時半くらいになっていた。祖父母以外皆不在にしていて、帰ってくるまでの間観ていようと『silent』2話を流し始めた頃に長女家族が来た。その後、両親、妹と次女と姪、がぞくぞく帰宅。婚約者がお好み焼きを作り始める謎の流れ。婚約者にキッチンを明け渡す母に、突っ込みたいけれど突っ込める立場でもないのでやめた。Fさんのメッセージが挟まれた本を母から受け取る。私に読んで欲しい、若い頃この本に書かれている人について随分と詳しく調べ上げた、終読したらその人について話すので持って来て欲しい、と書いてあった。90歳のお爺さんからそんな内容の物を受け取る、というのは、そうでない人から受け取るよりもプレッシャーを感じることである。

お好み焼きや、母の作った料理で夕食。ビールをショットグラスくらい小さなグラスで1杯だけ飲んだ。食後お腹を下し、少し落ち着いてから、両親、長女家族以外で近所の温泉へ行く。

21時には帰宅した。1週前の実家よりは楽しかったな、と思う。母が「緑は本当に幸せだね、こんなにおおらかな人と一緒になれて」と本気のトーンで言っていたことが頭にこびりついている。早く帰りたい、と思うのは婚約者の家で暮らすようになってから。安心する。

ドラマを観よう、とか本を読もう、だとか言っていたけど、結局ダラダラとして日が変わる前に寝た。