緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

2022/06/18

何時に起きたか忘れたけど、八時より前だったと思う。準備をして、特急の予約をして、九時過ぎ頃彼の家を出る。彼とお付き合いして半年経った記念に京都へ一泊旅行へ出かける。

最寄りの駅まで歩いて向かう途中、セブンでカフェラテと栗のお菓子など買う。前に一緒に歩いた時はお付き合いする前に羽咋に行った時だね~とか、好きだけで結婚はできないからお家建ててくれる人と結婚する~とか話していた。特急乗り換えの駅でまたセブンに寄って、電車内で食べる牛乳寒天とかキンパとかを買う。指定席が取れず、自由席でも空いてるだろうと思っていたけど通路を挟んで隣同士しか空いてなくて、お婆さんに断りを入れて隣に座った。移動中は持って来たスイッチでカービィをしたり、スマホを触ったりしていた。

正午を少し過ぎた頃、京都到着。荷物を持ったまま、歩いてKaikado caféへ向かう。今回の旅は思い出作りやカメラ練習など兼ねて彼のスマホで動画を回すことにした。

店内で抹茶ラテ、彼は抹茶フロートを頼んで休憩。店員さんが化粧気のないショートカットの中年女性ばかりだったのが印象的だった。二階も見て、水出し緑茶をテイクアウトし、店を出る。交通機関を使って移動しようかと思っていたけど歩いてホテルに向かうことにした。

まだ十四時半くらいなのにチェックインして部屋に入れた。荷物を置いて少しだけ休憩。キングベッドと予約したサイトの情報では見たのに実際はシングルベッド二台をくっつけただけだったし、部屋狭いな、と思う。マリオット泊まっちゃったから比べちゃうね~と話す。

再度街に繰り出して、各々の行きたい店に入り、欲しかったヘアクリップ、飴を使ったチャームなど買う。蝶矢の梅体験予約をしてあったので、錦市場にある豆乳ドーナツを買って食べながら向かう。

予約時間の十五分前に入店し、彼が名前を告げると一枠しか予約できていないと言われる。入店は一人まで、空き無し、「お一人様でなら何本でも作って頂けますので」と説明されるも、やるなら二人でやりたいよね、となって申し訳ないけど予約自体キャンセルした。金平糖と梅でシロップを作るのを楽しみにしていただけに残念。予約してくれた彼を責めるような気持ちは一つもなかった、尊敬があるから。

切り替えて夕食まで買い物を楽しむ。古着屋でワンピースを買い、ふざけてプリクラも撮った。BALの無印良品では彼がMUJI Laboの服を買っていた。いつも試着しない彼が試着した今日。くるくるパーマの長髪に濃い髭に和装みたいなネイビーのセットアップがすごく似合ってた。MUJI Laboは格好良い。誰、作ったの、好き。ユニセックスだけど男性の方が圧倒的に着こなしてる感を出せるデザインだと思う。普段は女体が好きだから女性で満足してるけど、MUJI Laboを見ると途端に男性が羨ましくなる。

時間がギリ。欲しいものを一旦保留にして夕食へ。Kさんが教えてくれた先斗町の串屋。かなり空腹だったのに串盛、茄子のグラタン、キムチ、コーンの唐揚げなど食べたら結構すぐ満腹になってしまった。白桃のサワー、彼は京都の抹茶ビール?ビールが羨ましくなって生中を追加で頼み、結局飲みきれなくて彼にあげる。めちゃくちゃ美味しいです必ずまた行きますって訳でなく、中途半端に美味しいお店だった。お酒に弱くなり過ぎて居酒屋楽しめなくなってきてるの嫌すぎる。ほろ酔ってどうでもいいことずっと話してどうでもいいわりには面白いから笑い転げ続けるお得な時間を過ごしたいのに。

お腹いっぱいになったからって滞在時間一時間で退店するサタデーナイトの客ってどうなんでしょう。

閉店間際のBALに戻って彼が欲しいと言ったキーチェーンをプレゼントした。架空のホテルのルームキーをイメージした、の“架空の”の部分に惹かれたんだって。私は無印良品に戻ってランドリーバッグって書いてあった編みの籠を購入。

ホテルまでの帰り道でドラッグストアに寄って、痔の薬と避妊具を買う。お会計してくれた彼が言うには、買ったものの組み合わせ的に店員さんが汗汗してたらしい。ただ避妊具忘れたのと、お尻かゆくて痔のプロの彼がやけにビビらせてくるから黙って従う(薬塗る)ことにしただけなんだけど。

ホテルに戻り、大浴場が満員でカービィして待つことにした。部屋のテレビにつなげてプレイを始めた瞬間、大浴場の空きが出る。

お風呂を済ませて戻ると先に彼が戻ってきていた。セックスをしてカービィをして、お尻に薬を塗ってもらって寝た。記念日の寝る前にお互いお尻の匂いを嗅ぎ合ったのは良くなかったです。