緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

2022/06/17

七時過ぎに起きた。冷凍のワッフルとバニラヨーグルトのパイナップル味を朝食にする。八時頃彼を見送って、自分も二十分後には出勤。

九時から十八時まで仕事。何となく今夜彼の帰りが遅くなる予感があって、その通りの連絡が彼から来た時には自分でも自分が少し気味悪い奴だな、と思った。部署内で視聴の指示がある動画を見ているフリしてYoutube動画を見たり、音楽を聴きながら作業する。昼、食欲がなくてコンビニで珈琲だけ買いに行こうかと思ったけど、暑さと時間を考えてやめた。Mさんが「旦那さんを好きな気持ちが最近減ってきた」と話していて、内容は共感しかなかった。もっと傾聴すべきだと反省したくらいには共感ばかりしていた。好きな気持ちが減って来た、だけよく分からない。好きって減ったり増えたりするのか。だったら自分は彼への好きが減るわけないけど、Mさんの気持ちが分かるのは何故。そもそも好き嫌いで一緒に居る事を選んでないのだと思う。

一度自宅に帰宅して、京都旅の準備物をキャリーケースに詰め、彼の家へ向かう。先にお風呂入っててと言われたので、湯を張ってお風呂に入った。上がる頃に丁度彼が帰宅して、夕食の準備が何も出来てない、と焦ると「ちょうどいいね」と返された。何が丁度良いかはよく分からなかった。カルボナーラ食べたい、と言ったら、届いたばかりの鳥羽シェフのエプロンを嬉しそうに付けた彼がササっと作ってくれた。美味しくて奪い合うように食べた後、コナンの映画をアマゾンプライムで観始める。

気付いたらお風呂にいったのか髪が濡れたままの彼が洗い物をしていて、零時前。映画の序盤で寝落ちしたみたい。歯を磨いて彼と一緒に寝た。