緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

2022/05/08

九時頃起床。起き抜けにLINEのグループトークに入っていた父からのメッセージ動画を彼と見た。「十二時半から(バーベキューの)準備を始めます。どうぞ」と恥を滲ませている画面の中の父、可愛い。

起きてすぐから頭痛が来そう...と辛そうにする彼が心配になった。昨日の足の疲労がとれておらず、筋膜リリースローラーで足をほぐしたり、彼にツボを押してもらったりしたら、見違えるほどに足がスッキリした。これまで浮腫みに依って実際以上にデブに見えていた?!!もしや!?!!と損した気分になった。筋トレはとりあえずいいからマッサージとストレッチはちゃんとしましょう、分かりましたか自分。

昨夜炊いた筍ご飯三合分をおにぎりにしたら十四個になった。準備をして自宅を出る。実家でバーベキューをする日。

業務スーパーで、頼まれたものや他食べたいものを気にせず(嘘、少し気にして)カゴに入れたら会計が四千円ほどになった。彼の家にキャンプ用で持っていたらしいアウトドアグッズを取りに寄ってから実家へ。カービィしたい、と言っていたら彼のスイッチも持って来てくれた。

少し遅刻の十三時頃実家着。大きなテントが二つ家の前に張られていて、姪が大喜びで出迎えてくれた。

そこから日が暮れるまでの記憶はあまりない。両親、祖父母(は寒いと言って外に出てこなかった)、長女家族、次女と姪、妹とT(妹の彼氏)が居て、更には途中叔母夫婦まで来た。盛り上げ役として喋り続けていたと思う。彼手製の燻製機で燻したカマンベールチーズと、業務スーパーのソーセージが美味しかったことはすごく覚えている。筍ご飯おにぎりは好評で無事全てなくなりました、良かったです。

非常に疲れて十八時頃に後片付けを始め、家の中に入ってみんなでプリンを食べながらゲームを始めた。スーファミを出してきてドンキーコングをしたり、彼のスイッチでカービィのデモ版をしたりした。カービィ可愛すぎる。姪もドンキーコングセーラームーンには見向きもしないのに、カービィは度々覗き込んできてキャッキャしていた。カービィ、本物だと思う。ソフト買う?と彼が買ってくれようとしていたけれど、何となく保留にした。

日が落ちた十九時過ぎ、帰ろうとしたら花火をするらしくそれだけ参加して帰ることにした。父の一眼レフで、彼やTが皆を撮ってくれていた。

二十時頃、色々と余りの食材など持たされて彼と実家を出る。姪が寂しそうでこちらも寂しくなった。

彼の家、自宅に着替えを取りに寄ってから銭湯へ行った。疲れ過ぎて冷えていた身体を温めたかった。早く上がって本屋へ行こうね、と話していたので馬鹿正直に早く上がったら、彼より早く、そんなことは前代未聞、あってはならなかったのでびっくりした。お風呂上りにすっきりトマトを買って飲み、本屋へ行った。

欲しい漫画が無く、仕方がないので『ちひろさん』の四~六巻を買った。ちひろさんみたいな女になりたいけれど、生理的に受け付けない人と粘膜接触は出来ないので無理です。彼はデザイン集みたいなものを購入していた。私生活においても仕事のことを割と頻繁に考えていて、しかもそれを仕事と思っていないためにちっとも辛くないらしい彼がいいな、と思ったり、果たしてそうなりたいだろうか、と考えてみたりする。

買った漫画を読んだりスイッチで遊んだりしたかったのに、帰宅してしばらくカービィのゲーム実況を見た後、眠すぎて寝てしまった。日は変わってなかったと思う