緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

2022/03/07

七時起床。朝から彼はあばらの痛みの種類が変わった、と辛そう。受診を勧める。骨折だとしたら西洋医学でないと流石にきつい。身支度を整え終わると、彼がお昼のおにぎりを用意してくれていた。朝食にヨーグルトとAちゃんに貰った苺、白馬土産の紅茶クッキーサンドを食べる。彼を病院まで送ると言ったけれど、彼の支度が間に合わず結局先に家を出る。

セブンに寄って水と珈琲と飴を買った。

九~十八時、仕事。排卵痛と下腹部の張りがすごい。気持ち悪さもあり、早退しようかと思う程だったが何とか耐え抜いた。お昼は彼の作った手羽先の炊き込みご飯と野沢菜の入ったおにぎり。朝、のど飴だと思って購入したものがただの飴だった。

定時即退勤、直帰する。煙草を立て続けに四五本。外気の温度が上がってきているのか、窓を開けて走っても我慢でき得る寒さ。

帰宅してすぐに夕食。両親と妹はコストコ帰りらしく、サーモンの刺身や鶏の丸焼き、青菜と油揚げを炊いたおかずなどが夕食。父が社労士の資格取得に向けて勉強を始めたと知る。還暦を過ぎても向上心と知識欲を失わず、小さき者に優しい父。

食後入浴中、姪と次女が来たらしい。次女と昨夜の話になる。意図的ではないが昼から彼に連絡を返していない。自分のこれまでを一人静かに振り返るタイミングだと感じる。次女が彼の気持ちに同情して清竜人の『痛いよ』を歌う。

お風呂から上がり、iPadでNiziUのダンス動画を見て振りを覚えて遊ぶ。賃貸の契約書の最終確認と捺印をしてしまい、気分と体調が絶妙に低迷の域を抜けないので二十三時頃には自室へ行って寝てしまった。