緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

2022/02/28

7時起床。朝方に何度か起きるたび、胃痛がまだあることに気付く。

彼のものは毎朝硬化するようで、今朝はそのままベッドで一度身体を重ねてから起きた。会社を休もうか迷っていたが、彼と同化したら体調が幾分マシになっているので行くことにする。彼は「80パー行かないと思った、セックス効果すごいな」と笑っていた。

ただ、時間がない。急いで準備をしてバタバタと彼の家を出る。

セブンに寄って、ヤクルト1000、飲むヨーグルト、炭酸を買った。

9~18時半、仕事。朝一Mさんが先週教えてくれたプロテインの一食分をどうぞ、とくれる。外見が麗しい女性は一貫して美容に明るい。美について気を遣っていることを教えてもらうのは昔から好きだ。単純に楽しいから。お昼は久しぶりに食堂へ降りた。胃痛がスッキリとはしておらず、空腹でもなかったけれどおかずを選べる定食を食べた。チームの人と話したり、管理部の人のところへ有給について聞きに行ったりして、明日は午後休を貰うことに決めた。不動産契約に関わる諸手続きや振込をせねばならない。仕事量を調整しながらこなして1日が終わった。

19時過ぎ帰宅。父と母がいる。夕食は焼魚、肉じゃがなど。胃はすっかり良くなっていた。

食後、居間で父が食べるおかきを一緒に少し摘まみ、お風呂に入る。上がってから明日のことを話すのに彼に電話を掛けた。相当疲れているらしき身体をストーブで温めてストレッチしながら話していると、妹にここで話すなと言われる。

自室へ移動して明日のことを伝えた後、眠たくなってそのまま寝落ちてしまった。