緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

2022/02/03

Iが夢に出て来た。しばらくボーッとしていると現実に思考が馴染むにつれ、ハッキリとしていた夢の輪郭が段々とぼやけてきてしまう。Iが椅子に座りながら、自分に渡そうとポケットから何かを取り出してテーブルの上に置くシーンだけが鮮明に思い出される。Iの白く綺麗な手から離れ、テーブルの上にある其れはグレーにもやがかっていて、一体何なのかは分からない。メッセージ性の強い夢だったと直感で思う。夢日記をつけようと決めた。

今朝は身体が摂取より排泄を要していると感じる。いつも通り青汁だけ飲む。終業後、彼の家で恵方巻をつくって、そのまま泊まる約束をしているのでその準備をして家を出る。

9~18時、仕事。業務委託元へ出向く予定が件の感染症で中止になる。メルマガの制作をした。お昼はチョリソーのパン、おにぎり、梅。恵文社のオンラインショップを眺め、京都旅行でもしたいなぁ、と思う。最近読書が足りていない。排泄時間の占める割合が多い労働だった。

18時半~、エステ。超音波?をあてて、よく分からない名の付けられたパックをした。何となくエステはもうしばらくいいかな、と思う日だった。

19時半前には終わり、彼に電話を入れると買い物を済ませてくれていたようで恵方巻用のサーモンの柵だけが何処も売り切れていると言うので、エステサロンのすぐ近くのスーパーに寄ることにした。

サーモンの柵はあった。発見したところで通話を切る。すぐにお会計すればよかったものの、スーパーはテーマパークだからぷらぷらと歩き回り始めてしまう。お会計を終えて、さて彼に連絡しよう、と電話すると、先程の通話の後すぐに出たと思っていたらしく、ずっと出先の駐車場で迎えを待っていた、と。20時。流石にバチギレられるかもしれないと覚悟しながら、今からスーパーを出ると伝えると爆笑して歩いて帰るわ、そしたら同じぐらいに家着けるでしょ?と言っていた。1人でスーパー行かない方が良い。

15分ほどで彼の家に着く。少し先に帰宅した彼にスーパーで購入したものを披露した後、料理を始める。アスパラのポタージュ、サーモン・アボカド・キュウリのポキ風、恵方巻2種(ナムルと漬けサーモンのキンパみたいなの、サーモン・アボカド・クリームチーズを巻いたもの)、ポテトフライ。ポテトもクミン塩と山椒塩の2種。

22時過ぎ、シークワーサーサイダーで乾杯する。クミンはワキガ臭がするのに好きすぎる。全部美味しい。

食後、そのままソファで性行為をし、お風呂を沸かして入る。眠くてたまらず、彼が洗髪などする間、浴槽の中で半分寝ていた。

お風呂から上がると、食後から地味にあった腹痛が激痛になってくる。洗い物が溜まっていたけれど、何もできずソファで横になっていた。彼が下腹部に温かい手を当てていると楽になる気がして、これぞ手当てだと思う。きっと排卵痛。下腹がいつもより張っている気がすると彼も言っていた。

どうにか歯磨きをして全てを後回しにし、寝室へ行く。1時頃だったと思う。ベッドに横になった瞬間腹痛が少しやわらぎ、すぐに眠ってしまった。