緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

2022/02/02

今朝はアラームが聞こえた。ほぼ同時に彼からの着信。2日連続で寝坊したと言ったら、普段は7時半に起きる彼が早起きして起こしてくれた。でも今日はアラーム聞こえたからね。15分くらいぐだぐだと話してたから、結果あんまり早起きじゃないし。それでも日焼け止めと顔色を整えるクリームを塗って、睫毛をはさんで上向きにする余裕が生まれた。空腹に青汁を流し込んで家を出る。

ローソンで苺大福みたいなスイーツ(なにか○○娘みたいな名前が付けられていた)と水を買う。大福っていう名前はバイブスが高すぎる。大福、あと温泉、ってワードに漂うムードは幸福感がえげつない、と個人的に感じる。何と言うか、こう、聞いただけで、あるいは目にしただけでもフワ~っとなる。これからは好きな食べ物は大福です、て言おう。

9~18時、就業。昨晩のもやもやの正体が分かる。というか全てにおいて分かる。1人興奮してしまった。お昼はおにぎりと梅、ローソンで買ったスイーツ。このような場所でこのような時の過ごし方をしている場合ではない。早くいろいろと見つけて人から離れなくては、と思う。会いたい人がいる。

帰り道、Mさんと一緒になる。傘にいれてもらった。何かあったわけでもないのにすごく気分が良くない。

水など買うためにドラッグストアに寄る。シェーバーは何処のものが良いか彼に聞きたくて連絡を入れるのに、返信が30分後にしか返ってこなくて、ひどく苛々とする。頭では仕事中の彼が悪いのではないと分かっているだけに、どうしてこんなに苛々するのだろうと自分に哀しくなってしまうほど。スマホを割り捨てたくなった。高校生の頃に一度、父に腹が立って地面に叩きつけて壊したことがあった。スマホの人はまだ周囲におらず、まだギリギリ携帯電話を所持していた頃だった。過去と未来が見えるので実際に割り捨てたりはしない。彼の返信を待つのを諦め、水とチョコレート、ミロ、カップ麺を買って帰る。

車中で事変のギターがじゃんじゃか鳴る系の曲を聴いて苛々から気を逸らそうと努力した。結局『闇なる白』のバイブスがその時の自分に最も適していた。本当はそんな逃げ腰及び腰の解決法より、怒鳴り合いの喧嘩をするか、セックスが効果的なのに。エネルギーをぶわっと放出し、ぶつけ合わせ、そこでの化学反応によってもたらされる調整に任せたい。なのに1人じゃどちらもできやしない。哀しすぎる。

19時半前帰宅。彼から着信。出るのをやめておこうかと思ったけれど、出た。苛々を昇華したものはユニークさを含んでいて、割と率直に伝えているのに全く空気が悪くならなかった。いつも通り仲良しな空気感。

ほなね、と切り上げて夕食。じゃがバター、白米、焼き鯖、煮物。明太子とマヨネーズもじゃがいもにのせて食べた。通話を聞いていた母と長女、帰って来た妹。母は「食べるに限る」らしく、長女は「Kさん(夫)も連絡全く返してこない」と不満げ、妹は「生理前でしょ」と。このどうしようもない苛々はホルモンの為す仕業に違いなく、これをどうにかする何かが欲しいよね、と話す。ピルはPMS症状の軽減にも役立つらしいけれど何となく厭。

20時頃入浴。文字でのやりとりにまた苛々してしまいそうで彼と通話でシェーバーの話をする。もう使っていないシェーバーあげるから今から持っていこか?と言ってくれたので頼ることにする。お風呂に入ってきて通話を聞いていた妹に甘やかされ過ぎていると言われた。甘やかして甘やかされるのがいいのに。

21時過ぎ、お風呂から上がって肌を保湿していると彼が到着したとの連絡。家を出て道まで走って出ると、シェーバーとジェルを車から出て渡してくれる。カップ麺とミロをあげて見送る。

姪を寝かしつけているとKちゃんから連絡が来た。髪の毛を乾かしてからKちゃんの家に向かう。

21時半頃Kちゃんの家に着いて、お互いVIOの脱毛をし合う。仲の良い姉妹といえど陰部をまじまじと見て触れるのは初めて。恥ずかしさというよりは気まずさがある。失礼なことを言い合って終始大爆笑していた。これも次からはYがやってくれるんじゃない?と、何故か彼を呼び捨てするKちゃん。たしかに彼に頼む方が気が楽で良い。脱毛が終わって、Kちゃんが明日の姪のお弁当を作る横でだらだらしていると、22時半をまわってしまう。宇宙マッサージを申し込んだ後、帰ることにした。

23時頃帰宅。眠すぎる。水分補給をして歯磨きをして、自室へ行く。もう寝ようとしているところに宇宙マッサージの受付完了メールが来た。それに返信して、昨夜と同じシンギングボウル音を流しながら寝落ちた。