緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

太陽の後押し

2022年1月21日金曜日

 

6時半過ぎ起床。青汁を飲む。生理痛がきそうな感覚があるので、薬もすぐに飲む。父が昨日ワクチン3回目を打ったそうで体調が良くない為仕事を休むらしく、かなり心配してしまった。

有り得ない程着こんで、カイロも何枚も貼り、冷え対策をしてから家を出た。

 

8時半~19時過ぎ、仕事。昨日早退したので時間調整の為、早出&残業。

お昼は昨日パン屋で買ったパンを食べた。気持ち悪くなった。Wさんに昨日はすみませんでした、と言って鉱物話に花を咲かせる。自分は合わないととことん身体が重くなるから安易に買えないのだと話すと、ラピスラズリのネックレスを貸してくれることになる。全然あげますよ、と言ってくれたけれど、しばらくつけて良かったら購入するつもり。

自分が辞める事を想定してマニュアルをしっかり目に作り直し、必要ないかもな、というものも新たに作り始めておいた。

 

終業後、ドラッグストアに寄って生理用品を買う。1番身体が楽なのは布ナプキンだが、あれは場所と時間に自由の利く無職か自営でもないと無理だ。職場で血ぬれの布を洗うわけにもいかないから。膣周りは経皮吸収率が腕の50倍程と言われているだけあって、最近は普通の安価な紙ナプキンが使えない。タンポンをした時は死んでしまうかと思った。手間とお金のかかる心身だなぁと思う。

彼氏から電話がきて家に寄ることにする。一緒に食べるお菓子と赤いきつねを買った。

アパートから少し離れた駐車場に車を停めると伝え到着すると、歩いて迎えに来た彼氏がちょうど到着した。生理大丈夫?荷物持つわ、とのこと。せんせー、神がいましたー。

でも荷物は自分で持つ主義です。

部屋に着く。フラフラしてるな、とほうれん草の胡麻和えやアーモンドフィッシュを用意してくれる。本当に貧血でフラフラしていた。それと、赤いきつねを夕食にした。

アマプラで相席食堂の尼神インターの渚の回を見ていた。好きだ。笑った。

それからどういう話の流れからそうなったのか、とにかく自分の仕事の話になる。面白おかしく愚痴って笑ったかと思えば、黙って聞いていた彼氏が「ん~、頑張れじゃないよな、あなたは頑張ってる。もう頑張らなくていいよ。」と返してきたものだから泣いてしまった。彼氏も仕事で独立しようと計画しているらしく、その自社HPを見せてもらった。コンセプトが彼氏らしくて、本当に自分とは真逆のものを持っている人だなと再度実感する。

 

気付くと0時を回ってしまっていた。