緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

草花

2022年1月20日木曜日

 

7時起床。起きられない。ほぼ感情を無にして身支度をした。発作が起きそうな感覚が消えている代わりに鬱のような辛さがある。青汁を飲む。

 

9時~、仕事。すべき業務をこなした後は胃痛と吐き気に耐えている時間が続く。Wさんが昨日の口約束を覚えていて、ラピスラズリやローズクオーツなど鉱物をいくつも持って来て見せてくれたのに気分が悪くてうまく対応ができない。申し訳なくなってしまった。

休憩時、セクシャリティについて調べていた。新たな発見や感じるものがあった。

14時過ぎ、次女に帰っておいで、と連絡を貰って早退することにする。駐車場までの帰り道、しっかり勤め上げることさえできない自責の念、罪悪感が拭えず吐き気が増す。

 

15時前、次女の通院先の近くで合流。結局次女のKちゃんといるのが1番落ち着く。2人とも社会的にはしんどい生活を送っているはずなのに、2人でいるときは何故かいつも爆笑している。くだらない話ばかりなのに。

病院が終わってKちゃんが食糧の買い物した後、パン屋へ行きたいと言うのでパン屋へ行ってパンを買う。まだ帰りたくない、と我儘を言って喫茶店へ寄ってもらった。ケーキセットを頼む。オランジェ、というケーキに温かいストレートティー。内容を覚えていないから、またくだらない話をしていたのだと思う。自分たち以外誰もお客のいない広い喫茶店で「結局Kちゃんは○○ちゃん(自分)が好きで、○○ちゃんはKちゃんが好きだよね」と、2人で見つめ合って笑っていた。

17時頃、姪のこども園からKちゃんに電話がかかってくる。義兄が迎えに行く予定だが「あいつ寝てるな」らしい。合流した場所まで送ってもらって一旦別れる。

 

通帳にあるお金を移動させたかったので、必要なATMの揃う商業施設に寄る。通帳の預金額を見て、Kちゃんの「お金なんて気にしてたら先に命落とすよ。あんたぎりぎりって顔と身体してるもん。」という言葉が脳内で繰り返される。退職日を決めなければいけないな、と思った。

18時頃Kちゃんから電話が来る。早く来いとのこと。

 

Kちゃんの家に着いてドアを開けると、姪が嬉しそうに駆け寄ってくる。おままごとをしようと言うけれどそれどころではなくて、チャクラチェックをしていた。第2チャクラと第7チャクラは全開だけれど、あとは閉じ気味で、第1チャクラと第3チャクラはほぼ閉じている感じだった。セックスと神秘的なことに関しては、ものすごくオープンというか息がしやすい快適さを感じるから、多分結果はめちゃくちゃ合っている。

夕食に山かけ蕎麦を作ってくれた。

食後、準備をして近所のお風呂屋へ入りに行く。姪がとてもかわいい。

 

21時頃帰宅。母が心配している。セントジョーンズワート、パッションフラワーをブレンドして飲みながら、病む方向で仕事を辞めるのではなく、前向きな方向で辞めたいな、と考えていた。

生理がきた感覚があり、手を下にやると血が出ている。来た。

時間は分からないけれど、歯磨きをして、身体を冷やさないように着こんで自室へ行き、彼氏と連絡をやりとりしていたら寝落ちてしまった。