緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

カロリーメイト

2022年1月12日水曜日

 

7時起床。

目を覚ましてから、脳が起動し始めるまでに10分程度かかるらしい。スマホを確認すると、おれがいることは忘れないで、と夜中にメッセージが入っている。“おれ”の主張がすごい。

身支度をして、カフェラテを作ってタンブラーにいれた。

 

コンビニでチョコとお茶を買う。

 

9~18時、仕事。

ほぼ1日他チームの助っ人に行っていて、疲れ果ててしまった。担当者は自分の作業スピードが速いことをいいことに1番処理速度の速い機器に回すものだから、結果人の3倍は作業したと思う。

お昼はおにぎり、カロリーメイトチーズ味。

書きたい、と思う気持ちばかり募る。

 

真っすぐに帰宅。19時前。

天ぷらと焼魚と煮物、そしてお餅。お餅は磯辺焼きにした。腹痛。

関東の方に出かけていてしばらく来なかった義兄が甥の沐浴にやってくるというので、自分は近所のお風呂へ行くことにした。

 

19時半頃家を出て、手持ちの現金がほぼ無いのでATMに寄る。そのまま近くのドラッグストアでカロリーメイト数箱と試供用のシャンプーとトリートメントを買った。

 

20時過ぎから21時半頃までお風呂。サウナにも合計30分くらい入っていた。近所のおばさまたちの井戸端会議の場と化していて、平日のこの時間帯は駄目だな~と思う。各々の夫の話をしていて、聞くに堪えない酷い言葉で罵って笑っていた。自分もずっとこの場所に住んでいたら数十年後はこうなるのだろうか。なれてしまえばいっそ楽なのだろうけれど、一体どうしてかそんな未来の想像をしようとしても映像が脳に全く浮かんでこない。顔も見たくない相手と同じ屋根の下、経済的理由と子供を理由に共に暮らしたり、ましてやその相手の世話をして生きていくなぞ生き地獄だ。付き合う、は学びになると思っているから、費やす時間とお金、労力を考えてもまだ理解出来るし、自分も今そのような状況下に居る。結婚に至っては到底分からない。「男なんて皆一緒。金さえ稼いでくればいいの。だから早く捕まえてきな。がはははは」サウナ妖怪。

 

22時前帰宅。義兄が帰っていったようで、関東のお土産がいくつもある。栗の最中を勧められて食べた。

 

22時過ぎた頃にRから家事終了の連絡が入ったので、歯磨きをしてしまってから自室へ行き、Rに通話する。Rは自分の性質も取扱いも適切に理解してくれているから、今回も安心して彼氏とのことを相談した。どうして結婚したの?と聞いたら「いるのが当たり前で、一緒にいる未来しか見えなかったから」と言っていた。腑に落ちる理由だった。これまでの経緯や、自分のその時の感情、彼氏に対する違和感を1つ1つ話すと、怒るのでも突き放すのでもなく、バレンタインまでにちゃんとお別れしようね?と優しく諭してくれる。決心した。もう十分に分かっているから。今は1人が丁度いい。孤独も孤独とは感じていないし、誰からの愛ももう欲しがらない。僅かに残る性欲だけが厄介だ。

 

23時半頃通話を終えて、1時間程物思いに耽た後寝た。

春には家を出よう。