緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

任務完了

2022年1月9日日曜日

 

9時過ぎ、アパートの1階の住人が熱唱する声で目を覚ます。ぐっすり眠れた。Iとフェスに行く夢を見ていた。夢の中では“ノリノリの人”を順番にやり合って爆笑していた。実際にありそうな未来。

現実では横で彼氏が欲情している。

早く果ててもらう方法を会得したかもしれない、そんな回だった。

お腹が鳴り始めたのでお風呂に入って早く準備しよ!となる。

 

また2人で入った。今回ばかりは耐えかねて、あの~見ないで貰えますか?見るな!おい、見てるぞ!と終始彼氏を注意していた。ネタみたいになっていて全く意味を成していなかった。

お風呂から上がり、身支度を済ませて昼食についてあれこれ話し合う。まだ若干の胃痛があるけれど、兼ねてより食べたいと彼氏に送り付けていたものをまとめて制覇しに行くことになる。

12時頃彼氏の家を出る。上着など着ている彼氏を待つ間スマホを見ると、次女から着信が何件も入っている。無視すればいいか、と思っていたらまたかかってきて、彼氏に出たら?と言われたので、出る。姪からのビデオ通話だった。姪は男が好きなので、お兄ちゃんもいるよ~と彼氏と映ると、とても嬉しそうだった。

通話をしたまま、彼氏に運転してもらい、まずはモスバーガーへ向かう。

獺祭コラボの混ぜるシェイクをドライブスルーした。甘酒風と説明があったけれど、ちゃんと日本酒っぽい風味がして美味しすぎた。

 

続いてバーガーキングへギルティバーガーを買い求めに行く。彼氏はビーフ、自分はチキンにした。鶏肉ならば辛うじて食べられる。

帰る前に、気になっていた菓子店が近くにあると知って見に行った。彼氏が買って帰る?と言ってくれたけれど、まだ消費してない食品が沢山残っているし、そうでなくても食べられる気がしなくて、今日はいい.....と言って諦めた。近くのマツキヨでキレートレモンを買って帰る。

 

13時過ぎ、彼氏宅へと戻ってきて早速バーガーを食べる。此方は期待の方が勝ってしまった。バター要素が足りない。これならサムライマックの方が旨い、と言ってマックのアプリを開きながら、マック談義を始める。完全にてりやきかサムライマック推しの自分は舌が日本人なのだと思う。最近はスパチキも良い。

何か全く別の話をしていたところ、唐突にかぼちゃのポタージュ食べよ?!と言うと爆笑を呼んだ。昨夜のものがほぼ固形になっていたので、add出汁、をしてアレンジしていた。

ソファで出来上がるのを待っている間、次は妹から着信が入っていることに気付く。何度目かの着信をとると、今日は帰るの?一緒にサウナ行かない?という誘いの内容だった。待ってるから夕方には帰ってきて、と言われる。

時間的にもう観ちゃおう、となって、ポタージュを食べ終えた後すぐに『ハリーポッターと秘密の部屋』を観始める。書いてないと思うけれど、4月のファンタスティックビーストの新作公開に向けて、ハリーポッターを表面をなぞる程度にしか観ていないという彼氏を教育する目的でこうなった。ハリーポッターを理解せずにファンタビを観ようなんぞ...。卒論のテーマにし、イギリスで出版された原作を集めて読み、研究した自分にとっては許すまじき行為。DVDとBlu-rayが全作家にあるので持って来ていた。

始まると急に襲う眠気。序盤の30分程で寝落ちてしまった。この世で数ある幸福の内の1つに“快適な状態でジブリハリーポッターを流しながら寝落ちする”がある。ちなみに映画であれば良い訳ではなく、ジブリハリーポッターでないと意味がない。

 

お昼寝から起きると、ルシウス・マルフォイが意図せずドビーを解放するシーンだった。もう終わるじゃないですか。時刻は17時頃になっていて、部屋は薄暗い。

 

彼氏は何時に帰ってきてって言われてたっけ?と、またしたそうな雰囲気。

そのままソファで始まる。

結局途中でベッドに移動し、事を終えた。

しばらくそのまま話していた。若い女性の味方みたいな愛嬌と品のあるお洒落なおじさんになりたい、と言うと、もうその要素はあるよ、と言われた。いぇい。

急に彼氏から、魅力的だ、居ると安心するけれど居ないと何も手に着かない、追々同棲したいけどどうだ、という内容の話をされる。感情を表す言葉が出てこないので、それとなく自分の常人とはかけ離れた生活力の無さと、本と洋服の多さに話をすり替えるような真似をしてしまう。自分を変幻自在な存在にしておきたいんだよね~という話にまで流れていった。ヘアスタイルや洋服の系統の意であるように話していたが、もっと色々な意味において常々そう思っている。

 

気付くと18時半になっていたので、洋服を身に着けて帰る支度をする。胃痛が治まっていて、映画鑑賞中彼氏が食べていたチョコやビスケットを少し摘まむ。ミロのチョコ美味しい。余ったキッシュをお持たせにしてくれた。

彼氏を駐車場まで送り、別れる。

 

19時頃帰宅。姪と次女が来ていた。夕食はカレーライス、手羽元の唐揚げ、南瓜の煮付け。カレーライスは食べ切れなかった。家族にキッシュを温めなおしたものを食べてもらう。作ったの?と言われ、正直に作ったと言うよりは作ってもらった、と言う。皆美味しい、と食べる中、父にだけ「今ご飯食べてるの!」という謎の文句で断られた。その時感じ、母も後から言っていたのでほぼ確実にそうなのだが、父は彼氏に嫉妬している。

食後、母から「結婚する気がないのに泊まりに行ったりすると期待させるから良くないよ」と真面目なトーンで言われた。「え?そうなん?」と心の底からマジのマジで言っていると、「一緒に暮らしても結婚しても、家事とか生活面が楽になることは何1つとしてないよって言っておいたら?(笑)(笑)(笑)」と長女と次女、母に笑われた。真実だ。しかもそのようなことはちゃんと伝えている。

 

20時頃、準備をして妹とサウナへ行く。10分サウナ、水風呂、8分サウナ、水風呂、と妹に言われるまま付き合う。お風呂上り、痩せたね、と妹にも言われて体重を測ると、胃腸炎で落ちたところから1.5キロ程戻っていた。

帰りにコンビニに寄ってもらって、リンゴジュースとカルピスソーダを買う。

 

22時過ぎ帰宅。洗濯物を洗濯機にいれるだけして、日記をつけたかったけれど眠すぎて自室へ行って寝てしまった。