緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

limit

2021年12月10日金曜日

 

朝から早退することを決めて出勤する。PCと対峙する毎日に身体が悲鳴をあげている気がする。自分のデスクの位置的に360度人がいる。そういった些細なことが自分の中ではストレスとなって積み重なった結果、このごろは眩暈がする。食欲も減退している。気のせいだといいけれど、どうもそうではないみたい。

 

朝スムージーを持って行き、半分ほどだけ飲んだ。お昼はお握りを1つ。

 

15時に早退する。4ヶ月で、か。前と変わったのは十分な貯金をしてから辞めようという考えがある、ということぐらい。
図書館に寄って木原音瀬の本を何冊か借りる。

翌日のYさんとの小旅行にサンドイッチを作っていくことにしたので要るものを買い出しする。

 

結局帰宅したのは17時頃になっていた。姪が来ている。自分からぴたりとくっついて離れず、一緒に遊ぼうと誘ってくる。遊ぶ元気は残っておらず、早めにお風呂に入ろうと誘って姪をお風呂に入れる。シャンプーを流すこと以外は自分でできるようになっていた。
19時頃夕食。焼魚、根野菜の煮物、ポテトサラダなど。帰ってきた姉がマックのポテトとナゲットを買ってきてくれた。


21時前、バックパックを借りる為に帰る姉達について家を出る。途中ドラッグストアに寄るというので買い物に付き添う。姪にアイスかって!とせがまれてソフトクリームを買ってあげる。姉の家に着いてお茶をもらっていると義兄がキッチンへ来る。時計の話をして、次に眼鏡の話をしていると姉と姪が寝るというので帰ることにする。
ついでにと返却期限を少し過ぎてしまった図書館の本を時間外ポストへ返却していると、姉から着信が10件以上入っている。何事かと思って掛けなおすと目的のバックパックを借り忘れている。すぐに受け取りに戻ってから帰宅。

 

翌日の時間をYさんと通話で決め、その時間が早いのでサンドイッチ用のアスパラと胡瓜の下準備だけしておくことにする。
寝支度をして自室に行き、眠くなるまで本を読もうと『ラブセメタリー』を読み始める。ペドファイルの話。
本に夢中になっていて気づいたら1時になってしまっていた為、続きを読むのを諦め電気を消し、就寝。