緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

2021年12月5日日曜日

 

オーナーのMさんが賄いを作ってくれる。明日から少しの間お店を閉めて出かけるということで、色々なものを詰め込んだ海鮮丼的なもの。あとは粕汁。Mさんは微妙だ、と頻りに言っていたけれどやっぱり美味しかった。

話していて、25日のクリスマスディナーにもバイトに行くことになる。それなりのお値段のコースのみ。どんな方がどんな関係の人とどんな装いでいらっしゃるのか楽しみ。26日はSさんの誕生日だし、直接お祝いを伝えられそうで其れが1番嬉しい。

Mさんは残って食材の仕分け等あるようで先にSさんと帰ることになり、1時過ぎ頃お店を出る。旅行の話などしながら駐車場まで歩く。行って良かった宿を教えていただく。恐山行ってきたらいいんじゃないと言われ、惹かれはしても行きはしないだろうなと何となく直感で思う。Sさんと話していて、”この世に留まっておく手段としての結婚”に思いを馳せた。次元が違うよな、と思う。

何かシュワッとしたものを欲していた。コンビニで100%オレンジジュースの炭酸を見つけて買う。

 

2時前に帰宅。バスタブにお湯を張りなおして温まりながら、恐山について調べ、続けてバイト中に言われて気にかかった麻原彰晃についても調べる。ダークマター。矢印の向きの違いがあるだけで、力が強大だということは事実としてある、という感想。

3時半過ぎに寝つく。Y夫妻に会った日は、”全てこれでいい”という全肯定された気持ちになり、心底安心しきっていることに気付く。今日のバイトで常連の方に、此処でバイトしていて此処や2人をどんな風に思ってるの?というような事を訊かれた時、いよいよ感があって答えはしなかったけれど、魂の実家、魂の両親だな、と感じている。Mさんは前世で娘だったのかな、とか冗談風に言っていたけれど、あながち間違っていない気がする。

 

9時半頃起床。妹にコストコへ行こうと誘っていた。他にも寄りたい所がある為、早々と身支度をして10時過ぎに家を出る。

道中、妹が最近会った視える系の人(なんと表現すれば一般的に通用するのか分からないけれど普段鑑定などする人)との会話内容を話してくれる。その中にはずっと知りたいと思っていた真実があった。詳しくは控えるけれど、あまりにも決定的な事実だった。それから、4姉妹の中で3番目(自分)が1番宇宙人だね、みたいなことを言われたらしい。4姉妹の中で、ではないがな?と突っ込みたくなった。昨夜Mさんに、宇宙からやってきた戦士、と言われたことが伏線だったのね、などと思っていた。直感で妹が会った人と自分も今後会うことになる、その時はいよいよの中でも最もいよいよな事態だ、と感じる。何時だって直感は力を持つからこわい。

15時頃までコストコであれこれ買い物をする。3万5千程ATMでおろすと、お会計3万4千台。見立てはあっていた。果物と野菜類を大量に買う。

無印良品に行って買い物をし、小腹が空いてローソンでピザまんとLチキを買って食べる。ピザまん、好きじゃないことにやっと気づく。この日最後の用事、UNIQLOで防寒着の買い物をして19時過ぎ帰宅。

 

長女夫婦が来ていた。姉と仕事の話を少しする。義兄は自分の歯に衣着せぬ物言いに終始圧倒されていた。良家のお坊ちゃんみたいな方だから、これまではどこか合わせてお淑やかにしていた部分があったけれど、昨日の今日で何か枷が外れた感がある。

夕飯に肉じゃがを食べる。姉夫婦が帰って行く。家の一部屋を姉の里帰り出産部屋に模様替えしたのを見る。赤ちゃんが家にいる近未来を見た気持ちになり顔が綻ぶ。年末年始は家に赤ちゃんがいるから何処にも行かないと思う。

お風呂に入って上がり、疲労がすごくてすぐに寝た。