緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

OME

7時過ぎ起床。キッチンへ辿り着くのが数十秒遅くて、誕生日を迎えた父に会えなかった。豆乳とココアパウダー、シナモンパウダー、バナナでスムージーを作ってタンブラーに詰め、朝食として持っていくことにする。

 

9~18時、仕事。ここ最近微増し続けていく仕事量。
お昼は昨日買ったミルククリームパンとお味噌汁。

 

真っすぐ帰宅しても、家に着くのは19時前になる。
父の誕生日。お寿司をとってあった。加えて母が作る唐揚げ、サラダ。姉家族もやってくる。姪は家の中へ入ってきて父の顔を見るなりビールを掲げながらハッピーバースデーソングを歌い始める。
夕食後、妹に頼んで買っておいてもらったケーキを冷蔵庫から出してくる。メッセージプレート付きのケーキにちゃんと蝋燭を立てて消灯し、皆で歌って父が火を吹いて消す。61歳になっても毎年家族皆にお祝いされる父は愛されている。あたたかい時。

長風呂をする。髪を乾かし、水を飲んで自室へ行きスキンケアをする、昨日の日記を更新する、までは記憶がある。
目を開けていても瞼が勝手に落ちてきてしまう。気づいたら眠ってしまっていたみたいだ。