緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

会いたいだけ

2021年11月14日日曜日

 

7時半に起きて準備をする。今日は昨日とは変えて、車でイベントへと出掛ける。

 

21時頃イベント会場を後にし、妹は姉夫婦と飲みに行くと言うので1人帰宅することにする。

普通、という物言い自体があまり好きではないけれど、敢えて言うと、こういう時は普通熱も冷めやらぬ、と飲みに行くものだろう。でも、この夜の自分はすぐに帰りたくなってしまっていた。イベント自体は物凄く素晴らしいものだったし、参加している自分を傍から見れば、どう考えても滅茶苦茶楽しんでいると判断できるだろう、と言うくらい十分に満喫した。ので、この某イベントに対する一切のネガティブな意見は無いものとして表現すると、ディズニーランドにいる気分になっていた。人間が多く集まる場所。ハレとケのハレが年々苦手に感じるようになってきてしまっている。それに。それに、彼の人は来なかった、と思う。

 

帰宅途中、ドラッグストアに寄り、妊娠検査薬を購入する。レジをしてくれた店員さんが若い男性の方で、袋は要りません、と伝えたのに丁寧に色のついた袋に入れていた。生理用品を購入する時も、若い男性店員だとよくやられる気がするのだけれど、見られないようにするもの、という定義がよく分からない。ほとんどの女性に生理はあるものだとほとんどの人間が知っていることだろうし、生理のある女性は妊娠する可能性があり、それを検査したいと思うことはもっと普通のことだと思うのですが、いかがでしょうか。やはり見られないようにと気を配るべきものなのでしょうか。そもそもあの袋を下げていたら、中身はそういった類のもの、と分かってしまうのに。

ドラッグストアのトイレで早速検査。結果は陰性。でしょうね、と思ったけれど、10日程も遅れることがここ数年は無かった為に確信を約600円で購入しよう、と初めて使ってみた。まだ時期的に確信は持てない、とも分かっている。検査薬を手に取るときも、レジを通すときも、検査をするときも、結果を見るときも、その後もずっとずっと心細かった。

 

そのままファミマに寄ってお母さん食堂のつけ麺を買って帰宅。すぐにお風呂に入り、上がってから買ってきたつけ麺を作ビールと一緒に食べた。

0時過ぎには自室へ行き、結局寝たのは1時を回っていた。

 

やさしい世界を欲している。つくらなきゃ。

 

やさしさとは。