緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

結婚とは?

2021年11月9日火曜日

 

早起きしようと思っていたのに、起きると7時前。夜中、墜落してきた飛行機に潰される夢を見ていた。久しぶりに身体が熱くなるほどの怖い思いをした。

 

身支度をし、いつもより早めの7時半頃に家を出る。セブンに寄ってスティックパンとあんデニッシュ、牛乳を買う。

8時半、早めに仕事を始める。と言っても、他の社員が出勤してくる9時頃までは、あんデニッシュを食べながらゆるゆると。午前はいつも通り落ち着いていて、メルマガの作業に取り掛かり始めた。

12時昼休憩。Yさんが体調が悪いと言って早退して行った。食堂へと降りてソースカツ丼を食べる。完食したけれど、これを頼むのはもう今回で最後だな、と何故か思った。

13時休憩終了。お客さんの窓口のような事を担当しているYさんが早退したことで、自分が代わりに対応に追われる。久しぶりに余所行きの声を出し、接客用語を使ったな、と思う。あと、いつも電話口でお辞儀する母をからかっていたのに、自分も身振り手振りをつけて説明していたのに気づいて悔しかった。

18時終業。姉のデスクから必要な書類をアパートまで持って来て欲しいと頼まれている。

 

18時半頃姉の住むアパートに着く。自分以外の家族は来たことがあるらしいが、自分は初めて訪れた。玄関に義兄が折った鶴がハート形に飾られていたり、額に入った沢山の2人の写真が掛けられたりしていて、ここは新婚夫婦の住処です!と玄関に言われた気がした。資料を渡し、仕事の話をする。

姉「新人さんどう?」、自分「あ、Uさん?」、姉「Kさんな」、義兄「もはや1文字も合っていない.....」

このやりとりで義兄と自分はかなりウケてしまったが、笑えないくらい自分は結構ヤバいな、とも思った。Uさんなんていう人は部署内どころか社内に存在しないらしい。

義兄に前の日曜のお礼を伝えられ、こちらこそ、とお礼を伝え、夕食が始まりそうだったのでお暇する。

 

19時半頃帰宅。姉(次女)と姪が来ていて、皆で夕食を食べている。自分の席がなかったのとお腹が空いておらず、先にお風呂に入った。

姉が後からお風呂に入ってきて髪を染め始める。美容室でベリーショートにしてパーマをかけてきた上に、自分で髪色をピンクからグレーにしていて、この人は本当に”見た目”というか”ビジュアル”が好きなんだなと思う。「髪の毛、漆黒だね」「まだマツエクしてないね」と言われた。髪を茶に染めて睫毛をバサバサにしてほしいらしい。しない。

今週末のイベントの話で「彦星に会うの?織姫と彦星。」と茶化され、気分を害した。彦星と言うのは不倫関係にあったHさんのこと。不倫関係とは形容したくないのだが、それ以外に名状しがたいし、Hさんと自分以外には理解出来ようのない関係だとも再確信した。そのまま自分の結婚相手と言うか人生の伴侶の話になり、姉も、めちゃくちゃ年上か、はたまためちゃくちゃ年下がいいのでは、ていうかマジでKちゃんを推す、と言う。

Kちゃんと言うのは、干支が一回り違うから現在39歳で、小学生の頃習っていたバレーボールのコーチだった人。小学生の頃は何故か自分だけ特別仲が良くて、欲しいもの(お茶犬グッズやお菓子など)を頻繁に買ってきてもらったり、DSなどゲーム機をもらったりしていた。あまりに仲が良すぎて監督から注意されたことまであった。高校生の頃、数年ぶりに会うのに「なぁ、ちょっと聞いてくれ」と言われ、出会した書店で30分程立ち話をしたのが最後、ずっと会っていない。姉は最近偶然会ったらしく、Kちゃんは見た目も中身も何も変わっていないこと、結婚はしていないことを知っている。妄想の話でしかないけれど、Kちゃんとの結婚、精神的に天国でしかないな、と思う。

お風呂上りに姪と沢山話し、帰って行ったあと、1人先日の残りのワインを飲む。チーズやサーモンの燻製もつまんだが、ワインはかなり酔う。ジャズをかけ、読書していたが眠くなってしまい、22時頃には就寝。