緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

タシマンナンセゲ

2021年11月2日火曜日

 

7時起床。夢をいくつも見ていた。その割には気持ちの良い目覚め。

身支度をして8時前に家を出る。今朝は洋服にすごく迷った。

 

ローソンに寄り、アイスコーヒー、水、アーモンドチョコを買う。

 

9時始業。今日は仕事が少なすぎて暇。ずっとネットサーフィンをする。本当はあまり画面を見ていたくない、読書していたい。専務の言う通り、今の内暇を謳歌しておく。

12時昼休憩。ぶどうパンとクッキー。『調香師の手帖』を読んで過ごす。

13時休憩終了。引き続きネットサーフィンしながら、メルマガの事も考えた。

今日の午後得られた知見は、桃缶を食べてラクトンを摂取しよう、ということと、iaiの夫妻がやっぱり素敵すぎる、ということ。

18時終業。Mとご飯に行く前にコンタクトを着用しようとしたが、なんとなくやめた。

 

18時半過ぎ、Mがよく行くという韓国料理屋さんに到着。自分は偏食すぎるから人と食べる時は自分が注文の主導権を握らないようにしている。ましてや今回は初めて来たお店だったので、食べられないものは此処には無いから全部お勧めで食べたい、と言ってMに注文を任せた。

サムギョプサルとタッカルビを頼み、最初にサムギョプサルが来て、お肉を焼いてもらいながら話を始める。お互いどこの高校に通っていたかまでは知っているけれど、それ以降辿ってきた道は全く知らない為に今まで何していたかをザっと話す。

Mは四大卒業後、新卒で入社してから今までずっと同じ会社で勤めていて、転勤はあったけれど今は地元で彼氏と同棲を始めている、と言っていた。結婚観や金銭感覚、仕事に対する考え方が似ている上に、お互い10年の間にそこそこ特殊な出来事が頻発していて話が盛り上がり過ぎる。全く口が止まらない。普段は好まないお肉も美味しい。野菜も沢山摂れるから韓国料理は好き。タッカルビも来て、これまた美味しかった。Mはご飯屋さん全く知らないとか言っておいて、実家は飲食店経営だし、絶対自分より美味しいお店知ってるじゃん、と思った。能ある鷹は爪を隠しやがる。

Mが”アカシックレコード”というワードを知っていて嬉しかった。”○○選手、アカシックレコードと繋がったんじゃない?”、”え、そうよ”と爆笑し、2人して周囲のお客さんから訝し気な目を向けられないか心配した。そういう類の話は自分の人生に現実として日常的にあるが、この日記では殆ど触れていない。実際話す相手もある程度選ぶ。面白おかしく囃し立ててこない相手がいるのは安心するな、と思った。

Mと話していて唯一自分と違うのは、性に対しての価値観というか、比重?だと思った。仏教でも性の悦びは悟りに匹敵すると説かれているのに、あまりにその世界への扉を閉め切っている人が多すぎやしませんか。この性の奥深い自分の哲学は人に話すことではないと学んだし、それに関してはHさんという理解者がいるからいっか、と思う。

途中やはりお肉が合わないのか、お腹を下すも、結局23時頃までマシンガン並みに話す。それでも感覚としては自分の20%くらいのことしか話せなかった。10年振りに再会してこんなに話すと思わんかったねぇとお互い言ってお会計し、お店を出る。

お店の外で、まだ話せる、と零すと、え!もう1軒行く?となるが、日を改めよ?と提案した。また私から連絡する、何故なら○○選手からは絶対に連絡してこないだろうから、と言ってくれた。正解。助かる。

23時過ぎ、別れてから気づいたが、Mは物凄くIに人間が似ている。Iの女性版なのかな。ぶっ飛びと一般常識を等しく同居させている辺りが酷似。

 

23時半過ぎ、帰宅。丁度妹が友人と通話を終えてキッチンに来て少し喋る。付き合った?と聞くと、お互い残ったらよろしくと言い合ったらしい。そういうのは得てして一緒になることはない。やっぱり決めるだけなんだよな、という感想を持った話の内容。

入浴し、アイスを食べて、姉と仕事のことでやりとりし、1時頃就寝。