緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

幸運

2021年10月30日土曜日

 

バイトを終え、1時前に帰宅。M氏と通話前にシャワーを浴びてしまう。1時半頃から通話。いざ話そうとする時になって、本当に不躾すぎるなと気付くも時既に遅し。聞きたかったことの内の1つを質問すると、ポツポツと少しずつ言葉にして答えてくれる。こんな質問はされたくなかった、それで何が聞きたいのですか、どんな答えを求めていたのですか、と問われる。この人は”本当”のことを話している。悪いことをしてしまった、と思ったのと、自分の過去がフラッシュバックして泣くことしかできなかった。2時頃通話を終え、歯磨きをしてすぐに寝た。

 

7時15分起床。髪を乾かさずに寝た為、爆発ヘアスタイルになっている鏡の中の自分を見て噴きだす。ちゃっちゃと身支度。今日は髪をヘアオイルで一纏めにする。

8時頃家を出る。休日出勤。別に指示がある訳でも、自主性とやる気に満ち溢れている訳でもない。ただ淡々とすべきことをして帰ろうと思っている。セブンに寄る。車を降りる前に最初は小銭の財布だけ持って降りようとしたが、直感で千円札を1枚だけ持って行くことにした。桃のサンドイッチやらお茶やら栄養ドリンクやら珈琲やら何やらをカゴにポイポイしてレジへ行くと何とお会計、千円ピッタリ。嬉しいやら怖いやらでゾワゾワした。無駄に自分の周囲を確認し、握っていた千円札を入れお会計を済ませる。

 

9時前、誰もいない事務所に出社。やっぱりいいな、誰もいないって、と思っているところにYさんが出社してくる。

仕事帰りに買うものをメモに書き、それを楽しみにメルマガのラフ作りや、テキスト作りを始める。するべき事は1時間程で終えてしまったが、そのまま時間調整も兼ねて15時まではいることにする。

仕事であって仕事でないような時間。匂い、香り、について考えていた。嗅覚だけは裏切らない。嗅覚に頼って生きて行こう、香りの世界を探究しよう、みたいなことを謎に決心したと思う。いつも決心するタイミングが自分でもよく分からない。

12時になって空腹が腹痛に変化し始めた辺りで桃のサンドイッチを食べる。これが美味しい。また見つけたら買おうと思う程。

折角なので、と『ドライブマイカー』について文章を書こうとする。自分の中に音のように生きて早死にしたいと思う感情がある事に気づく。その上、書こうとすると、どうしても自分の性に関する遍歴を連ねる事になるな、と思う。性を人間の根源的な部分の話だと捉えてる為か、怖くて泣きたくなるような気分になるし、不特定多数の人が見る場で晒すことではない、そもそも会社でやることでもない、と、やめてしまう。

めちゃくちゃ頭を使っていたからか、すぐに15時になり、退社。いつもこれくらい静かな事務所ならいいのに。

 

会社を出て商業施設に行き、まず目当てのリップを探しに化粧品等が揃う店に入る。ない。諦める。

次!と心の中で言いながら眼鏡屋に行く。ジンズです。ここで、予想もしなかった嬉しいことが起きる。

黒か茶の丸くて細い縁のものが欲しかった。8万程のもの、5万程のもの、3万程のもの、値段を忘れた家用のもの、と既に4本も持っている為今回は安物でいいかな、とジンズにした。

1番思い描いていたようなものに近いものに決めて受付に持って行くと、初めは男性店員が応対してくれる。が、直ぐに背の小さな女性店員が私代わるので、と男性店員に言って代わる。その女性がすごくジッと見つめてくるような気がするし、どこかで見覚えが…と感じてはいたけれど、記憶障害と解離性の感覚で赤の他人のように接することしか出来ずにいた。

受付を終えて、待機場所のソファで待っていると、先程の女性店員に、「お待たせいたしました、〇〇様、お会計のご用意ができました……あのもしかして4姉妹の妹さんの名前が〇〇で、あの……アメリカで一緒だった……」と声をかけられる。そこで漸く、あ!と記憶が蘇る。高校生の時にアメリカへホームステイに行った時に一緒になった子だった。ニューヨークでのめちゃくちゃ楽しかったその子との記憶が思い出されて、爆笑しながら、やっぱり!〜〜〜、と話し始める。LINE教えて!となりIDを教え、会計時に1万5千円程になった金額を1万程に光の速さで値引きしてもらってしまう。裏技があるらしい。有難いやら、申し訳ないやら。でも総じて嬉しかった。またLINEするね!と言われ、此方はひたすらにお礼を伝えて店を出る。

カルディでコーン茶等を購入し、もう一軒化粧品店に寄ったら目当てのリップを見つけ、購入し、帰宅。18時頃だったのかな。

 

19時まで自室のベッドで横になる。母が呼びに来て、夕食。何を食べたか一切思い出せない。書いている今お酒が入っているから。カルディで買ってきた発泡酒と、ウォッカは飲んだ。

先程のアメリカで一緒だったMから「〇〇選手ー!!!」とLINEが来ていて、そうそう、選手呼びね。されてたされてた。と思い出し、そのままを返信する。LINE上でめちゃくちゃ懐かしい話に花を咲かせ、ご飯に誘ってもらう。

嬉しい楽しい気分のまま、お風呂に入る。

デザイナーのYさんにデザインについて教えてもらう会をお願いしていて、明日でもいいですよ、と連絡がきたので行きたかったモーニングはどうですか、と提案し、約束をする。

モーニングなら早く寝よう、とお風呂から上がって22時代には自室へ行き、寝たと思う。記憶がすごく曖昧。