緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

going dead

2021年10月27日水曜日

 

6時25分、目が覚めて二度寝し、7時起床。義兄が出てくる嫌な夢を見た。身支度をし、お茶だけ用意して8時に家を出る。

ローソンに寄りカフェモカを買う。

9時始業。数分で片付く業務しか無い。メルマガを作ろうにも委託元から内容変更をしたいと連絡が来ていて進めることが出来ない。暇を具現化したような午前。嫌すぎる。

12時昼休憩。昨日買ったぶどうパンがあるが甘いものを食べる気分ではなく、ビル内の食堂へ行くことにする。エレベーター前で姉に私も行くと言われ、扉が開くと別階から降りてきた専務とも一緒になる。今日なら食べられそう、とYさんが推している特製カレーライスにした。1人先に席に着くと、姉(主任)、専務(次期社長)、部長(無理)が次々に同席しまーすと来て、まさかの4人で食事することになってしまう。4人以上は団体と認識している為、好きなメンバーならまだしも団体行動不得手の自分は緊張してしまう。

専務は慶應の幼稚舎からエスカレーターで院卒。MBAを取得しており、更に首席だったという切れ者中の切れ者。採用面接時以来でしっかりと話したが、すぐに頭の回転が速いですねぇと分かるような御方。幹部だけが知っていいような会話内容で、部長に「聞かなかったことにしてね~」と言われる。別に聞きたくて聞いている訳ではないのだよ。総じて”大人”の話に興味がもてないし。あからさまにスマホを触ったりもできないので、愛想もそこそこにカレーのルーと白米の配分をミスってるなぁ....とか考えていた。そうしていたら専務の自分をじっと見つめる視線に気づく。ん?と言う顔をすると「食べないの?」と聞かれたので「や、少しだけお米残そうとはしてたんですけど、にしても配分ミスったなと思ってて.....」と言ったら専務失笑。続けて「妹いいねぇ、半年後には滅茶苦茶忙しくなるから今の内暇を謳歌しといて?」と言われ、今ので気に入られたの?、と複雑な心境になった。

13時休憩終了。15時頃までは午前と同じ。暇。そこからはメルマガの訂正案がメールで来たので取り掛かる。文章を推敲することに快感を覚える。やはり言葉が好きです。

時間調整の為今日は残業。ほとんど誰もいない事務所での作業が心地良い。独身の男性社員しか残業してないんだな、と思う。20時退社。

 

20時半頃帰宅。夕食は揚げ物が沢山あった。サーモンチーズフライ、春巻き、カニクリームコロッケ。全然お腹が減っていないのに食べてから入浴。個人遠隔宇宙マッサージをしてもらった。眠くて眠くて仕方がない。

お風呂から上がり、洗い物をし、すぐに自室へ行って寝た。心身が疲れ切っていた。22時頃だったはず。

 

骨と脳のない生き物になりたい。

骨だけなら比喩的な意味合いではなっている。

海月?

浮遊してる。