緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

The Dream is over

2021年10月18日月曜日

 

7時起床。アラームで目覚め、もう朝....?と疑いたくなるほど、一瞬の睡眠。冷えた室温と暖かい毛布内の温度差。冬。もうオイルヒーターを点け始めてもいいのかもしれないと思う。

トイレに向かって廊下を歩いていると母が自分に気づき、我先にとトイレに走って行く。先日電車内でも席に座ろうとしたところ、初老のおばさんに後ろから追い越されて席を横取りされたことを思い出す。その時は身体をぶつけられてすごく嫌だった。母もそのおばさんと大して変わらないな、と思ってしまい、朝から溜め息。もう1ヶ所のトイレまで廊下を引き返した。

身支度、お茶の用意を済ませ、蜜柑を1つ食べて8時頃家を出る。

ローソンでホットコーヒーを買って出勤。

 

9時始業。テレワーク中のKさんが面談の為出社していて、自分のところへメルマガの打合せをしに来る。質問すると優しく教えてくれるし、可愛らしい人だなと思わせる話し方なので、杜撰な引継ぎのことは忘れて自分も愛想のよい人をする。

作業をしていると部長から今後自分が担当するメルマガの量が増えることを伝えられる。聞く限り籍を置いているチームの仕事と両立できる気がしなくて、思わず笑ってしまった。

12時昼休憩。サンマルクのスイートポテトチョコクロカロリーメイト1本、蜜柑。サンマルクチョコクロが美味しすぎる。芋系でリピートしたいほどグッと来たのはこれが初かもしれない。

デザイナーのYさんから週末に桃鉄とお鍋しに家に来ませんか?とのお誘いの連絡が入る。友人から甘鯛のしゃぶしゃぶが届いて早く冷凍庫をスッキリさせたいが明らかに1人前ではないとのこと。経験上、異性の一人暮らしの部屋に上がって何もなかったことがない。色々と考えかけるも面倒になった上、甘鯛は食べたいし桃鉄はやってみたい、と思い誘いを受けることにする。そもそもYさんの下心を疑うのは失礼になる気がする。(全面的に信頼を置いている訳でもないが)

13時休憩終了。作業をしつつ、息抜きにコッツウォルズやペンザンスの旅情報をネットで調べて癒される午後。京都にもコッツウォルズを体感できる場所があると知って驚く。旅は完全に宿重視の為、ホテルばかり見ていた。イギリスにありそうな大きな本棚のある喫茶とバーを併設したB&Bを自営でやれたら、本当に死んでもいいと思う。やり始めたら死んでなどいられないがな?

 

18時終業。少しボーッとしてから帰宅。まわり道してセブンに寄り、熱い珈琲を買って駐車場で一服する。ジョンレノンを流していて、『God』で”何も信じないけれど自分とヨーコだけは信じる”と歌にするジョンの愛の凄みを感じ、外気の寒さも相まって暫く情緒と化していた。好きなタイプは?と聞かれる時ってありますよね。自分は大体「ジョンレノンです」と答えてきていて、大体「?(何言ってんのこいつ)」という顔をされてきましたが、これからもジョンレノンと言い続けたいと思います。元バイト先のオーナーだけは「ジョンは最高だね」と中指を立てていたな、早くまた会いたいな、と思う。

19時過ぎ帰宅、すぐに夕食。カレーライスと春菊のお浸し。空腹にカレーライスは美味しすぎた。食後、妹と入浴。デートをしてきたという妹に「付き合った?」と聞くと、「ないな」と言っていて察し、という感じの雰囲気になる。自分は初対面の時点でその人とはどういう感じになるかが大体分かってしまう為、3回もデートをしてやっと「ない」と判断するのは色々な面で大変だなと思う。2.3回目は「ない」ことの確認作業なのかもしれないけれど。

20時半頃お風呂から上がり、今日はずっとじわっとした幸福感が絶えないので波に乗ろうと、姉から貰ったDiorの美容液を初めて使ってみることにする。ここはエステですか?みたいな上品な薔薇の良い香りがして、さらに幸せになる。自分で買える値段じゃないのが哀しい。居間に行って、母に切ってあると言われたメロンを食べる。父がヒーターを出してきてくれて『調香師の手帖』を読みながら暖まっていたら、これが幸せなんだろうな、と思えた。ここ数日、”香り”への熱が再燃している。

22時頃眠りを良くするハーブティーを淹れて飲んでいたら本当に眠たくなってきたので、寝支度をして自室へ行きベッドに入る。目を閉じたら夢なのか何なのか分からないけれど大量の星が降ってくる映像が瞼の裏に流れる。米津玄師の『海の幽霊』じゃん、なんだこれーきれー、と思っていたらいつの間にか眠りについていた。