緑のコトノハ

いつか人間になるかもしれません。ならないかもしれません。

feeling timing happening

2021年10月9日土曜日

 

8時頃起床。生理痛が酷すぎて最悪の目覚め。薬も切らしているし。

朝食に、もうとても食べたいとは思えないようなバナナを牛乳と少しの蜂蜜でミキサーを使って混ぜてバナナジュースを作った。そのまま食べるバナナは、あまり甘くない殆ど緑色の硬いやつが好きです。今日のは黒すぎて柔らかすぎた。

朝食後着替えだけ済ませて、9時前から11時頃まで、PCを開いて昨日の日記を書いたり、他の人の日記を読んだりしていた。生活を日記にするというより、日記が生活になる、みたいになってきているけれど、楽しいから良い。この楽しみを見つけられて、心底嬉しいのだ。

小魚ぽりぽり?みたいな名前の菓子を摘みながら、PCを触っていると母が来て、「お仕事?」と聞いてきた。余程真剣な顔をしていたのかな。「うーうん、違ーう。」と答えたが、誰に勧められるでもないのに自ら休日を費やしてまでやってしまうことなのだから、お仕事になれば万々歳だよな、と思った。

12時前、母から昼食はおろし蕎麦だと言われるが、生理痛がさらに酷くなってきていてとても食べられる状態ではなく、薬を買いに行くことにした。

身支度をして12時半頃家を出る。ついでに図書館へも用事があり、まずは図書館へ行く。駐車場で呼吸が乱れるほど体調がしんどくなっていることに気づく。図書館内でも肩で息をしながら、ずっと下腹部を手で押さえたり撫でたりしているものだから、司書の方や他の来館者も、こいつ大丈夫か?という視線を投げかけてきた。すぐにドラッグストアへ行き、薬等の生理用品、会社で使う歯ブラシセットと平日の昼食用にカロリーメイトをまとめて買う。カロリーメイト、4本入りが128円で、生理痛が一瞬飛ぶくらい感動してしまった。会計を済ませて車へ戻り、直ぐに薬を服用する。ちなみにバファリンルナ、です。飲んでしばらく車でゆっくりしていると、15分くらいで嘘みたいに痛みが消えていった。

痛みから解放され自由の身となり、このまま直ぐに帰らず今夜は久しぶりに晩酌してやろう……酒屋へ行こう……と思いつく。やめとけ。

14時過ぎ、種類が豊富に揃う酒屋へ行く。テンションが上がってしまい、ロシアもののvodka、その酒屋でしか見ないレモン酎ハイ、Yさんお勧めのDHCの缶ビール、果汁100%の酎ハイ、チーズを買い込んだ。ソルティドッグを作るためのグレープフルーツジュースが欲しかったが、外国メーカーの加糖のものしかなく諦めた。ビールを見つけたことをYさんに連絡すると、Yさんの住むアパートがその酒屋から徒歩1分もかからない、と言っていた。徒歩圏内にこのお店があるのは羨ましい。

15時頃、生理痛が消え去り空腹を感じたため、パン屋でカレーパンを買ってから帰宅。

15時半過ぎ帰宅。母にもカレーパンを少し分けて一緒に食べた。美味しかったけれど、如何せん少々お高いな、と思った。そんなに大きくもないカレーパンが300円って高いですよね?

食後、生理痛は消えたものの身体が怠く、自室で身体を横にしていた。Amazon primeで『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』をみる。初めてみたけれど、単純に面白いな、と思った。できないんでも、しないんでも何方でも良いと思うが、未婚にコンプレックスがあるんでしょうね。8月頃から自分もこれからの人生を考える上で、自身の結婚について思考を巡らす機会が増えた。1度テンプレのような結婚を自ら逃した過去があるし、様々な人の結婚を目にし、不倫の経験も経た今、結婚観は大分深みのあるものになったのではないかと自分でも思う。今のところ、行雲流水というか、人事を尽くして天命を待つ、という姿勢でいることにはしている。何せ自分の思考と経験の特殊性から、人と同じような類のものを望むのはお門違いな気もする。それでも、この世を生き抜く為に手を取り合う相方が居ると居ないとでは、大きな違いがあるとも思う。相手が居れば、一長一短あれど、人生に色が増して、それはそれで素敵なことに違いない。

19時まで自室で過ごし、家族が夕食を摂っている時間を狙ってお風呂に入る。20時前から1人晩酌。今日買ったビール2缶、ピーマンの肉詰め、焼売、かぼちゃサラダ。たった2缶で、生理中ということに関係があるのか、いつもより深めに酔っていることに気づく。ワインか、今日買ったvodkaを開けたかったが諦めた。

記憶も虚。

21時くらいから何をしていたか分からない。父が心配そうな面持ちで話しかけてきたような気もする。

なんの為かは分からないが、21時半過ぎに自室へ行ったことだけは思い出せる。